◆少女がサンタのことが心配すぎて ケネディ大統領に手紙を書いたお話

ライブドア(ギズモード・ジャパン)からの記事紹介です。

少女のかわいい思いが大統領に届く!

1961年、ミシガン州に住むある8歳の女の子がケネディ大統領に
手紙を書きました。

ロシアが北極に核爆弾を落とさないかが心配で・・・

ケネディ大統領は、「サンタさんは大丈夫だよ」とちゃんと
返事を書いたそうです。

ソ連が核実験をすると聞いたミシェルちゃんは、
北極に住むサンタさんの安否が心配で、
ソ連の核実験をやめさせてとケネディ大統領に手紙で伝えたんです。

それに、ケネディ大統領からの返事にはこのように書かれていました。

「お手紙ありがとう。君のソ連の核実験に対する心配な気持ちは、
北極だけじゃなくて世界中の国と相談したよ。
サンタさん、そして世界中の人とね。でも心配しなくて大丈夫。
実は、昨日サンタさんと話をしたところなんだ。
これからプレゼントを配りに世界中を飛び回るようだよ。」

冷戦中の出来事ですが、本当に心が温まるお話ですね。^^

ケネディ大統領も結構ひまだったんですね。

わざわざサンタさんに会いにいったのでしょうか。

それとも電話をかけたのかな・・・^^;ンナァ

1970年の出来事です。

勿論、マスコミに取り上げられケネディ大統領にとっても
多大な宣伝効果になったことでしょうね。

おいしいところをもっていきましたね。

「天の御中主様、今日もお助け頂きありがとうございます」

今日も最後までお読み頂いてありがとうございます。

またのご来場を心からお待ちしています。

愛・感謝かんしゃ~♪

記事が気にいった方は
応援ポチッ↓^^/

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村




◆羽生結弦の異次元演技に織田信成のアゴが外れた

ライブドア(デイリースポーツ)からの記事紹介です。

「フィギュアスケート・GPシリーズ最終戦・NHK杯」
(28日、長野ビッグハット)

 男子フリーが行われ、3位以内で12月のGPファイナル
(バルセロナ)進出が決まるソチ五輪金メダリストの羽生結弦が、
216・07点をマークしました。

27日に行われたショートプログラム(SP)と合わせ、
世界新記録となる合計322・40点で優勝し、
ファイナル進出を決めました。

前人未踏の300点台を20点以上を上回る異次元の演技で、
リンク横で見守ったプロフィギュアスケーターの織田信成は
点数が出た時、アゴが外れたまましまらず口がポカンとして
しゃべれなかったみたいです。

それぐらい、「素晴らしい演技でした」とテレビカメラを前に
興奮冷めやらぬ表情で語りました。

「いや~、震えました!見終わった後、手の震えが止まらなかったです。
すごすぎて」と驚きと興奮が収まらず。4回転については
「3回とも、全ての質、素晴らしかったです。
プラスの評価しかない(演技)」と絶賛だったみたいです。

アゴが外れたは大げさな表現ですが、ほんとうに素晴らしい演技で
しばらく放心状態になったのでしょうね。

織田信成のアゴが外れた表情が目に浮かびます。

彼のナイスなキャラは、どことなく人を引き付ける魅力を
もっていますよね。^^

話が織田さんになっていますが、羽生さんほんとにすばらしかったです。

ファイナルでも今回同様に、十分実力を発揮して高得点を
たたき出してもらいたいものです。

集中力を高め、頑張ってください。

「天の御中主様、今日もお助け頂きありがとうございます」

今日も最後までお読み頂いてありがとうございます。

またのご来場を心からお待ちしています。

愛・感謝かんしゃ~♪

記事が気にいった方は
応援ポチッ↓^^/

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村




◆「韓国キラーの大谷をなぜ降ろした」「日本は首脳陣のせいで負けた」?

ライブドア(Record China)からの記事紹介です。

2015年11月19日、世界野球WBSCプレミア12の準決勝が東京ドームで行われ、
日本が9回表に韓国に3点差をひっくり返され、逆転負けを喫した。

B組1位の日本は4回に平田良介のタイムリーなどで3点を先取しました。

先発の大谷翔平は7回を投げ、被安打1、11奪三振の快投をみせました。

しかし、その後はチャンスで追加点が奪えず、流れは韓国へ。

すると9回表、8回から登板した則本昂大が3連打を浴び1点を返されると、
その後に登板した松井裕樹が押し出し、増井浩俊がタイムリーを浴びて
4点を奪われました。

大谷翔平は6回までパーフェクトで、7回の時点で球数もたった85球だったのに、
首脳陣が彼を降板させた理由はどこにあったのでしょうか。

「日本は自チームの首脳陣の手によって負けた」と継投に疑問を呈する
コメントが多く寄せられました。

小久保監督の談話にもあったように、最初から則本昂大投手を8回と9回に
投げさせる計画だったみたいです。

では、なぜ9回に則本投手が捕まったのかというと、いずれもフォークが
落ちずに打たれた結果となりましたが、直球は伸びていたんです。

最初に打たれたときフォークをやめて直球とスライダーで押し切れば
打たれずにすんだと思われます。

また、これはあまり言いたくないことですがアンパイヤーのジャッジが
9回は特に厳しくなり、ぎりぎりのストライクをとらなくなりました。

それに来て左バッターの内角高めのストライクゾーンに入ったボールを
バッターのアピールプレーに流されてデットボールとしたことですね。

これで日本は終わりました。

私も、野球、ソフトボールでピッチャーをやっていますので
「審判に負けた」という経験も幾度となくしてきました。

まさに今回世界戦のテレビ放映の場で見せつけられた気がしました。
一番かわいそうなのは則本投手だったのです。

「天の御中主様、今日もお助け頂きありがとうございます」

今日も最後までお読み頂いてありがとうございます。

またのご来場を心からお待ちしています。

愛・感謝かんしゃ~♪

記事が気にいった方は
応援ポチッ↓^^/

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村




◆上司の指示を誤解し警察官出動せず詐欺被害に遭う

ライブドア(日テレNEWS24)からの記事紹介です。

埼玉県警草加署の警察官が上司の指示を誤解して出動しなかったことで、
草加市に住む男性が200万円をだまし取られていたことが分かりました。

埼玉県警によると、草加市の男性宅に11日、息子を名乗る男から
「200万円貸して」などと電話がありました。

男性の息子が不審に思い、「父親が振り込め詐欺の被害にあいそうだ」
と通報しましたが、警察官が上司からの指示を誤解したことで出動しませんでした。

結局、男性は自宅近くで男に現金200万円をだまし取られたということです。

警察官が草加署の上司に「行っても大丈夫か」と確認した際、「行ってもよい」
という意味で「大丈夫」という返事で答えました。

その返事を「行かなくてもよい」と誤解したもので、埼玉県警は出動していれば
被害を防げた可能性があったということで、被害者の男性に謝罪したといいます。

この警察官の責任感の無さにもがっかりしますし、上司の指示の曖昧さにも
幻滅します。

たとへ上司が行かなくてもいいとはっきり言ったとしても、自分は心配ですから
行ってきます。

って、言うべきだし、上司はもう一人つけるから二人で行って来いと指示を
出すべきであり、もし一緒に行く相手がいなかったら自分が付いて行くと
言うのがほんとうではないでしょうか。

警察官という立場である以上、もう少しは責任感をもって周りから
認められる立派な人になってもらいたいものですね。

ちょっと偉そうなことを言いましたが、私は仕事に対しては何の仕事であっても
そういうポリシーを持って臨むのが当たり前であって、そう言うふうにやっている
つもりであります。

「天の御中主様、今日もお助け頂きありがとうございます」

今日も最後までお読み頂いてありがとうございます。

またのご来場を心からお待ちしています。

愛・感謝かんしゃ~♪

記事が気にいった方は
応援ポチッ↓^^/

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村




◆侍JAPAN 中田がサヨナラ打 3安打5打点!開幕連勝

ライブドア(スポニチアネックス)からの記事紹介です。

◇プレミア12予選ラウンドB組 日本6―5メキシコ
(2015年11月11日 台北・天母)

世界ランキングの上位12カ国が出場する国際大会
「プレミア12」は11日、台湾の各地で予選ラウンドが行われました。

B組の侍ジャパンは、9回2死から同点に追いつかれましたが、
中田翔(日本ハム)のサヨナラ打でメキシコ代表を6―5で振り切り、
開幕2連勝を飾りました。

1点リードの9回、2死三塁から守護神・沢村(巨人)が
適時打で同点に追いつかれました。

その裏、先頭の山田(ヤクルト)が右越え二塁打で出塁し、
筒香(DeNA)は敬遠され、1死一、二塁でこの日4打点の
6番・中田が右前打を放ち、劇的な勝利を決めました。

まさに中田デーでしたね。

先制された直後の2回1死一塁から左翼越えに決勝の逆転2ラン。

3回には中犠飛、5回にも中前適時打と3安打5打点の活躍。

今大会は4番の座を大阪桐蔭の先輩でもある中村剛(西武)に譲りましたが、
それまで小久保政権下では不動の4番を務めた意地を見せました。

結局、打線は5番・筒香の3安打1打点の活躍もあり、
2試合連続の2桁安打となる12安打で6点を挙げました。

すばらしい試合でした。

それにしても、日本やりますね。

優勝までは、8試合するのでしょうか。

長丁場になりますが、一致団結し頑張ってもらいたいものです。

「天の御中主様、今日もお助け頂きありがとうございます」

今日も最後までお読み頂いてありがとうございます。

またのご来場を心からお待ちしています。

愛・感謝かんしゃ~♪

記事が気にいった方は
応援ポチッ↓^^/

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村